眠りの窓口

室内ハンモックで寝るのがいい理由とは?使用時の注意点

室内ハンモックで寝るのがいい理由とは?使用時の注意点

ハンモックで寝てみたい!という願いは子供から大人まで多くの人が持っていることではないでしょうか?

しかし、実際にはハンモックを設置しようとしても、余程環境が整った場所でないとなかなかハンモック自体を設置できません。

キャンプなどに行って木と木の間にハンモックを設置したり、ロッジのテラスに設置できるスペースがあるという場合は簡単に設置できますが、自宅の庭や家の中でハンモックを設置して寝ることができる人は少数派かもしれません。

しかし、最近では室内設置用のハンモックも多く販売されており、ハンモックで寝ることは睡眠という観点からも良いと言われています。

そこで今回は、ハンモックで寝るのがなぜ良いのか、その理由について詳しく見ていくことにしましょう。

ハンモックは南米生まれ

ハンモックが生まれたのは南米であると言われています。

南米で生まれたハンモックをヨーロッパ圏に持ち込んだのがあのコロンブスです。

今ではハンモックというとちょっとした昼寝やリラックスタイムに使われるものですが、元々ハンモックが生まれたのは睡眠のためのベッドとしての役割でした。

南米の高温多湿な気候では、家の中とは言え床で寝るとダニなどの虫類やヘビなどの毒生物に噛まれる危険もありましたし、硬い板の上に眠ると寝心地も悪く、湿度や温度であまり眠れない状況がありました。

しかし、布を木と木の間にかけて空中の位置で体を支えて眠ることができるので、ハンモックは非常に快適に眠るための寝具として広まりました。

コロンブスはこの便利な道具を見て船の中で寝る時の寝具として非常に適していることに気が付き、ヨーロッパに持ち帰ったと言われています。

現在ではハンモックは専ら癒しの道具、非日常のくつろぎの空間として利用されることも多いのですが、ハンモックで眠ると睡眠のためにも非常に便利であり、快適なものであるとされて密かに睡眠用のベッドとして利用している人が増えています。

 

ハンモックで眠ると良い点は?

 

眠りが深くなる

電車や車などに揺られていると眠気が出てきてすぐに眠ってしまうということは誰でも経験があるのではないでしょうか?

不眠症の中でも特に入眠障害のある人はハンモックに揺られていると眠りやすくなったということがよくあります。

大人でも揺らされていると胎児がお母さんの子宮の中で揺られているような疑似体験ができます。

人間の記憶の奥深くに胎児であった頃の記憶があってリラックスできるので入眠しやすいという説もあります。

 

関連記事
なかなか寝付けない『入眠障害』とは?今すぐ改善できる4つの原因と対策

 

寝返りをうつ必要がない

ハンモックで眠ると体が窮屈な感じがしますが、実際に布に体をゆだねてみると人間の自然な体勢に近いのか非常に体が楽なことが分かります。

ベッドや布団に眠っているとどうしても寝具に接している部分だけに自分の体重がかかるので腰や背中、お尻が痛くなります。

体重を分散するマットレスもありますが、ある程度は体の一部分に体重がかかるので睡眠中に寝返りを無意識のうちにしているものです。

しかし、ハンモックで眠るとハンモックの布の部分には体の大部分が接している状態になるので体重が分散されて体の特定の場所だけにかかることがありません。

ハンモックは布の両端から中央部分にかけて大きく丸みを帯びるので自然な姿勢でありながら、体重を体全体で支えることができるのです。

布団やベッドに寝ていて寝返りを何度もうつことで睡眠が浅くなり、長時間ぐっすり眠れないという人でもハンモックで眠ると寝返りをうつ必要がないので、長時間ぐっすりと眠ることができます。

中途覚醒タイプの不眠症の人がハンモックで眠るとぐっすり眠れて効果が上がります。

 

関連記事
夜中に目が覚める『中途覚醒』の症状とは?今すぐ改善できる5つの原因と対策

 

背中が蒸れない

人間は寝ている間にも非常にたくさんの汗をかきます。

その汗が布団やマットレスに吸い取られることで寝具に接している背中などが蒸れて気持ちが悪いという人も多いでしょう。

通気性の良い寝具も販売されていますが、特に気温や湿度の高い夏場は機能性の高い寝具でも寝苦しく感じてしまいます。

背中が暑くなって蒸れることが不快で、なかなか眠れないという人はハンモックを利用するとその不快さがなくなります。

ハンモックは気温や湿度の高い南米の暑さ対策で生まれたという側面もある通り、空中の薄い布の上で眠ることで通気性が良く、蒸れない、暑くないという利点があります。

暑さで寝苦しいので眠れないという人は、ハンモックで眠ると快適に眠れるようになります。

 

安心感がある

ハンモックは人が乗っていない状態では、その広さがあまり感じられないかもしれませんが、広げてみると非常に大きい布です。

大人が2人寝ても十分眠れるというほどの広さのものもあるほどなので、1人で寝るとなると想像以上に快適に感じるかもしれません。

また、ベッドのような平面で眠るのと違って、ハンモックは体を包み込むような感覚を感じることができます。

誰かに受け止められているような、抱かれているような感じもします。

人間は深層心理では安心したい、守られたいという気持ちがあります。

そのため、布で体の周りを囲まれているという状態は一見閉鎖されて窮屈そうに感じるかもしれませんが、慣れてくると非常に心地の良いものになります。

不安で眠れない、心配事があってなかなか寝付けないという人はハンモックの布に包みこまれて眠ることでリラックス感を覚えたり、安心感を得ることでぐっすり眠ることができます。

 

洗えるので清潔

ハンモックの布の素材は色々ありますが、一般的には非常に薄くて乾きやすい素材が多いです。

そのため、さっと洗濯をして洗濯物のように干しておくだけですぐに乾くので寝具を常に清潔に保つことができます。

布団やベッドではシーツや枕カバーはマメに洗うことができますが、布団やマットレスは洗うことができません。

その為に、ダニの温床になったり、ハウスダストの原因になりますし、その事でアレルギー疾患を患っている人もたくさんいます。

皮膚が弱い人はできるだけ寝具は清潔なものを使って眠りたいですし、皮膚の炎症が出るとぐっすり眠ることができません。

その点、ハンモックだと寝具を常に清潔に保つことが可能であることは、安眠につながるポイントになります。

 

関連リンク:Amazonでハンモックを探す

 

ハンモックの利用、間違っていない?

ハンモックで眠ると非常にぐっすり眠れて良いのですが、ハンモックを正しく利用できている人は意外に少ないようです。

特にハンモックに眠る方向については誤解されていることが多いように感じます。

ハンモックに対して体をどの方向にゆだねるかと言うことですが、これは一般的に使うベッドのものと違います。

ベッドは長い方の辺に対して身長が平行になる方向で利用しますが、ハンモックはこれとは90度回した方向、もしくは、ハンモックの長い辺に対して体が斜めになるように寝ます。

寝る方向は自由ですが、特にハンモックが生まれた南米のメキシコやブラジルなどは、ハンモックをベッドのような方向には利用しないのが一般的です。

これは単なる習慣ではなくて、その方が背中と腰のカーブが自然になるので人間の体の構造上楽に感じ、ぐっすりと眠ることができます。

また、ハンモックの揺れに対して安定するので心地よい揺れになるからです。

日本人はよくハンモックに寝る場合でもベッドを利用する方向で眠っていますが、この方向で眠ると背中のカーブが負担になったり、ハンモックが突っ張ります。

特に南米産のハンモックの場合は糸が切れる恐れがあるので注意が必要です。

また、ハンモックに乗る場合はハンモックを手で広げながら椅子に座るようにお尻を真ん中に乗せてからハンモックの中に体を入れ込みます。

足からハンモックに乗ったり、ハンモックの上で立つとバランスを崩してひっくり返る危険がありますので決してしないようにしましょう。

 

入眠障害の人にも覚醒睡眠障害の人にも最適!

入眠障害の人にも覚醒睡眠障害の人にも最適!

 

入眠障害の人はなかなか布団に入っても眠れないことが・・・、また不安の材料となり寝つきがどんどん悪くなります。

ハンモックの揺れは激しい不自然な揺れでなく心地よい自然の揺れです。

赤ちゃんがお母さんに揺らされて眠るよりも、もっと穏やかな揺れでかなり遅い揺れである揺れが良いとされています。

また、規則的ではないところの良いところなのかもしれませんが、このハンモックの揺れで早く睡眠状態になるということが科学的にも証明されています。

また、深く脳がリラックスできることで眠りに落ちることができると言われています。

揺れるベッドで眠るとノンレム睡眠(深い眠りの状態)の時間が延びるという結果もあります。

全く揺れない安定したベッドよりも多少の揺れがある方が睡眠の質が高まるので、睡眠障害を感じている人はハンモックで寝てみて睡眠の質が改善されるか試してみる価値はあります。

 

 

ハンモックの注意点

ハンモックの注意点

 

乗り降りが慣れてないと不便で危険

ハンモックは大きな布に体をゆだねて眠るので、自分の好きな形で長時間眠ることができるのが良い点です。

しかし、布を両サイドで支えているだけなので安定性に不安があるのは事実です。

ハンモックに慣れていない人はハンモックに乗るだけでも大変ですし、座るだけでも不安定になりひっくり返ってハンモックから転落することも珍しくありません。

下手にハンモックで座ったり立ち上がったりすると、とても危険です。

また、降りる場合も同じで体を少しずつゆっくり足から降りるようにしないとバランスを崩して転倒します。

慣れていれば簡単な作業ですが、慣れていないと非常に危険です。

さっき起きたばかりの寝ぼけた状態でハンモックから降りることは、慣れていないと簡単にできることではありません。

 

狭い

ハンモックの布は非常に大きいので大きな大人でも広げて利用すると本来は狭く感じないものですが、布に体全体を包まれる感覚があるので狭い、窮屈、不自由と感じる人もいます。

寝たままの状態からちょっと頭を起こしたいと思っても、クッションや枕などがないと頭を傾けることもできません。

ハンモックで本を読んだり、テレビをみたり、スマホの操作をしたい場合は、大きめのタオルをハンモック内に持ち込んで頭や首を支える枕代わりに使うと良いでしょう。

また、スマホや本などをハンモック内に置くと自分の体の下敷きになってなかなか探せないということにもなるので、ハンモックの近くにサイドテーブルなどを置いておくと便利です。

サイドテーブルがあると、飲み物なども安定して置いておくことができます。

 

冬場は寒い

ハンモックの良い点は、通気性が良く蒸れないこと、夏に涼しいことです。

体は宙に浮いた状態であるからこそ揺れがあったり、自由でありながら安心感が得られるのですが、体の下を風が通るので冬場などは寒さを感じます。

ハンモックの布だけでは背中に寒さを感じますので毛布を下に引いたり、寝袋を利用して熱が逃げるのを遮断するという方法もあります。

どうしても寒い日は布団やベッドなどで普通に寝て、少し温かいと感じた日はハンモックに寝具を持ち込んで寝ると問題解決になるかもしれません。

 

うつ伏せで眠れない

ハンモックの形状上、うつ伏せで眠ることは背中を反るので長時間維持するのは非常に苦痛になります。

うつ伏せ寝で寝る方が落ち着くという人は、ハンモックでは落ち着いて眠れないかもしれません。

 

ハンモックは手軽に使える

ハンモックには憧れるけど、実際にハンモックがあるという人はまだまだ少数派です。

ハンモックにも色々ありますが、値段的には凄く高価なものではありません。

しかし、なかなかハンモックが普及しないのは、日本の住宅事情ではハンモックを吊るような大きな木がある庭がある家がない場合が多いですし、家の中でハンモックを吊るす環境にないというのが、ハンモックが普及しない大きな理由ではないでしょう。

このような問題点を解決するために、最近では自宅のリビングルームや自室で利用できる自立性のハンモックが販売されています。

部屋に支える柱がなくても、ハンモックの両サイドを自立性のスタンドが支えてくれるので、快適に使用することができます。

Amazonなどでも一般的な自宅でも使用できる自立性のハンモックがいろいろ販売されていますので、調べてみると良いでしょう。

 

関連リンク:Amazonでハンモックを探す

 

まとめ

ハンモックで眠ると優しい自然の揺れによって大人でも赤ちゃんの様に短時間で眠ることができると言われています。

また、ハンモックは揺れることで深い質の良い睡眠の時間が増えるというデータもあります。

ハンモックで眠る事は入眠障害のある人、覚醒睡眠障害のある人のどちらにとっても有効な睡眠方法と言えるでしょう。

安心感や安定感もありリラックスをするためにも、最適なハンモックをぜひ活用してみましょう。

関連記事

  • 寝るときにはマスクをするべき!?その効果とおすすめマスク
    寝るときにはマスクをするべき!?その効果とおすすめマスク
  • シャワーだけはダメ!?睡眠の質を上げる入浴と効果的な時間とは
    シャワーだけはダメ!?睡眠の質を上げる入浴と効果的な時間とは
  • セロリでぐっすり眠れるってホント?セロリの睡眠効果と利用法
    セロリでぐっすり眠れるってホント?セロリの睡眠効果と利用法
  • 寝る時に帽子をかぶる効果と、おすすめのナイトキャップは?
    寝る時に帽子をかぶる効果と、おすすめのナイトキャップは?
  • 寝る時のベッドは夫婦一緒と別どっちがいい?メリットとデメリット
    寝る時のベッドは夫婦一緒と別どっちがいい?メリットとデメリット
  • 夢は起きると忘れるのはなぜ?夢の内容には意味がある!
    夢は起きると忘れるのはなぜ?夢の内容には意味がある!
  • 味噌汁を飲むとよく眠れるってホント?!飲むなら朝と夜どっち?
    味噌汁を飲むとよく眠れるってホント?!飲むなら朝と夜どっち?
  • 口呼吸を治したいなら口テープがオススメ!睡眠にいい理由と効果
    口呼吸を治したいなら口テープがオススメ!睡眠にいい理由と効果